女の人

オーガニックタイプの化粧品でアトピー肌の改善を目指そう

刺激に負けない肌にする

ウーマン

無添加を選びたい

敏感肌の人はちょっとしたことで肌荒れを引き起こしてしまうため、化粧品選びには神経を使うものです。なるべく肌に刺激を与えないように、添加物が入っていないものを選ぶようにしましょう。敏感肌用であってもその人によって合う・合わないがあるので、パッチテストを行ってから使うようにすることが重要です。敏感肌の人は外部からの刺激に弱いため、肌のバリア機能を正常化する働きがある成分を取りいれるようにしましょう。肌の角質層の約50%はセラミドなど角質幹細胞が占めていると言われているため、セラミドが含まれている化粧品を利用して水分がたっぷりと含まれている潤いのある肌にすることで、肌が自力でバリア機能を正常化してくれる効果も期待できます。

水分の補給と保湿が重要

敏感肌というのは実は存在しないとも言われています。実際には極度の乾燥肌でバリア機能が低下してしまっている状態とも言われます。そのため、まずはしっかりと水分を補給し、その水分が逃げてしまわないようなケアを行うことが重要です。それによってバリア機能がしっかりとでき、外部の刺激に負けないようにすることができるようになります。なるべく配合されている成分が少ないシンプルな構造の化粧品を利用することで肌への刺激を少なくしていくようにします。新しい化粧品を試すときには、いくら敏感肌用であったとしてもサンプルやトライアルパックなど少量のものから使い始め、万が一皮膚に何らかのトラブルが起こったら医師に相談してみるようにしましょう。